チームマネージメント

今の時代に必要な考え方

チームマネジメントとは、チームメンバーや部下を適切にコントロールすることです。一昔前であれば上司の発言だけで部下をコントロールしていましたが、チームマネジメントは一方通行のコミュニケーションではありません。例え経験の浅い部下であろうと、しっかりと向き合って発言機会を与えるのです。人材によって得手不得手がありますから、苦手な事を任せるのではなく得意な事を任せた方が効率的です。部下の要望を聞いたり、仕事ぶりを観察して適材適所を心掛ける必要があります。仕事の任せ方はもちろんですが、人間関係が円滑になるように配慮しなければいけません。会社を退職する理由として一番多いのは人間関係の不和なので、気持ち良く働ける環境づくりも大切です。

リーダーシップを磨く

実際にリーダーとしてチームマネジメントをする場合は、やはりリーダーシップが重要です。仕事が完璧にできることはもちろん、部下の遅れをカバーできるのが望ましいです。優しくカバーするだけでなく、部下の怠慢で仕事が遅れているのであれば叱責する必要もあります。リーダーとして大きく問われるのは叱責方法で、感情のままに怒りをぶつけるのはリーダーとして相応しくありません。何も考えずに怒鳴るとパワーハラスメントに該当する可能性がありますし、社員の退職にも繋がります。伝えたいことを冷静に言えば、部下は理解してくれるはずです。仕事だけでなくプライベート時間も積極的に会話をして、信頼関係の構築を心掛けると部下も働きやすくなります。

社会人にとって、マナーは重要です。特に初めて社会人として世間に出る人は接客マナーの研修を受けて、お客様に失礼のない対応をしましょう。

© Copyright Using HR Development. All Rights Reserved.